学習支援

館内授業

館内授業

館内授業の様子

館内授業は展示見学とセットで実施しています。
博物館職員と学校の先生方が協同で児童・生徒に支援をするため、下見(事前打合せ)が必要となります。
また、実施学年や利用人数等で制約がありますので、下の項目をご覧の上ご利用をお願いします。

館内授業のメニュー

次のメニューから1つを選択できます。
料金は実施日に徴収します。(「植物化石をさがそう」は後日振込みとなります。)

メニュー 時間 授業の内容 料金
(1人当たり)
化石のレプリカをつくろう 45分 石こうを用いて、アンモナイト等の化石のレプリカづくりを行い、レプリカづくりの手法や化石について学習する。 県外 30円
県内 無料
飛ぶタネの模型をつくろう 45分 フタバガキ・カエデなどの飛ぶタネの模型をつくり、タネの種類によってタネの形や飛び方に違いがあることや、子孫を残すための植物の工夫について学習する。 県外 30円
県内 無料
葉のパウチ標本をつくろう 45分 パウチを利用した押し葉標本づくりを通して、植物の種類や葉の構造について学習する。 県外 30円
県内 無料
植物化石をさがそう 60分 岩石の中から木の葉の化石を取り出す実習や、取り出した木の葉の化石の見分け方を学習する。 県外・県内とも
670円
(後日振込み)
液体窒素で極低温を
体験しよう
30分 液体窒素を使って、極低温下での気体の状態変化や物質の変化を学習する。 県外 250円
(1回の授業分)
県内 無料

館内授業を利用できる団体

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校がご利用になれます。ご利用については次のとおりです。

群馬県内の学校の場合

  • 小学校は、3年生以上。
  • 展示見学と館内授業を併せて2時間30分程度滞在できる学校。(ただし、「植物化石をさがそう」を除く。)
  • 晴雨にかかわらず来館できる学校。
  • 1回の授業は48名以内で、1日3回まで(1学年144名まで)実施できます。
    ただし特別支援学校は1学級20名以内。
  • 学校職員(担当責任者)が、過去2年以内に館内授業を利用している場合は電話で申し込みが可能です。(勤務校・授業内容の別は問いません。)

群馬県以外の学校の場合

  • 小学校は4年生以上。
  • 展示見学と館内授業を併せて3時間30分程度滞在できる学校。
  • 晴雨にかかわらず来館できる学校。
  • 1回の授業は48名以内で、1日3回まで(1学年144名まで)実施できます。
    ただし特別支援学校は1学級20名以内。

館内授業の申込みの手順

  1. 下見時に館内授業の予約をする。(実施時間やメニュー等をお聞きします。)
  2. 「館内授業(実験室実習)依頼書」を来館日の1週間前までに郵送等で博物館へ提出する。
    (「館内授業(実験室実習)依頼書」は職印が必要です。この依頼書は下見時にお渡します。)