• ホーム
  • > イベント
  • > 企画展ワークショップ「恐竜時代の貝の化石レプリカをつくろう!」【午前の部】
イベント一覧

イベント情報

自然教室, こども向けイベント

企画展ワークショップ「恐竜時代の貝の化石レプリカをつくろう!」【午前の部】
期間

2016年10月30日(日)

説明

10月30日(日)、午前の部・午後の部の2回に分けて、開館20周年記念展「超肉食恐竜T.rexエピソードⅡティランノサウルスへの進化」のワークショップ「恐竜時代の貝の化石レプリカをつくろう」を実施しました。講師は、天草市立御所浦白亜紀資料館学芸員の廣瀬浩司先生をお迎えしました。前半は、国内最大級の肉食恐竜の歯化石が発見されるなど、九州の主要な恐竜化石の産地でもある天草御所浦の恐竜化石についてお話をいただきました。後半は、御所浦より発掘された1億年前の貝化石(実物)から、シリコンゴムを使ってのレプリカ作りを行いました。2種類のシリコンゴムを混ぜ合わせ、貝化石に押し当てること数分、レプリカとして簡単に貝化石をうつしとることができました。当館で日頃行っているレプリカ作り(型に石膏を流し込む)とはまた違った工程に、レプリカ作り初参加の方はもちろん、当館で以前体験された方も含めて、シリコンゴムの感触やレプリカ作りの作業を楽しまれていました。

関連リンク

講師の廣瀬浩司先生(天草市立御所浦白亜紀資料館学芸員)

レプリカ作りの様子

化石同定票に情報を記入する様子

完成した貝の化石レプリカ