イベント一覧

イベント情報

講演会, 企画展

企画展講演会「人体に見られる進化のあと」
期間

2018年08月19日(日)

時間

13:30~15:30

場所

自然史博物館 学習室

対象

大人向け(小学生も参加可、小学生は保護者と一緒に参加)

定員

100名

参加費

無料

講師

犬塚 則久(古脊椎動物研究所代表)

申し込み

7月19日(木)9:30から電話で申し込み (0274-60-1200)

その他

 人類の進化ときけば、猿人から新人にむかって徐々に立ち上がっていくあの図を思いだすかもしれません。しかし、生けるものすべてが進化の産物です。生命が誕生してから38億年、脊椎動物だけでも5億年は経っています。人体は魚類時代から四足動物,哺乳類,霊長類,類人猿と進化段階ごとに獲得したり退化したりした新旧の器官のモザイクなのです。背骨,手足,顔など歴史をさかのぼることで今の形のわけを考えてみましょう。

関連リンク

講師の犬塚則久氏(古脊椎動物研究所代表)