組織と職員の紹介

学芸係

学芸係

主任(学芸員)

菅原 久誠

菅原 久誠
Hisanari Sugawara

専門

バイオジオサイエンス(緑色岩における地殻内微生物作用の岩石学的及び地球化学的研究)、アストロバイオロジー、フィールド地質学、考古岩石学、フランボイダル黄鉄鉱の鉱物学的及び環境科学的研究

担当業務

  • 地質現象・岩石・鉱物の資料収集及び管理
  • 地質・岩石・鉱物分野の調査・研究
  • 機器分析室(蛍光X線分析室)・電子顕微鏡の管理
  • 常設展示「地球の時代(主に先カンブリア時代・古生代)」の維持・管理
  • みなかみ町及び周辺地域における自然史調査(地質・岩石分野)及び全体のとりまとめ

最近の業績等

《論文・報告書》
  • Idham Andri Kurniawan, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, Yayu Arifin Indriati, Sunarty Suly Eraku, 2018,The Potential of Gorontalo province as a Global Geopark. Proceeding of TREPSI,in printing.
  • 菅原久誠,2017,群馬県奥多野及び周辺地域における地質・岩石調査.群馬県立自然史博物館自然史調査報告書,7,55-59.
  • 菅原久誠,2017,荒山・鍋割山県自然環境保全地域(2年目)地形・地質.良好な自然環境を有する地域学術調査報告書,43,5-8.
  • 菅原久誠,2017,愛媛県松山市に降下した2016年10月8日阿蘇山噴火による火山灰の構成粒子記載(速報).群馬県立自然史博物館研究報告,21,39-42.
  • 菅原久誠,2016,荒山・鍋割山県自然環境保全地域(1年目)地形・地質.良好な自然環境を有する地域学術調査報告書,42,5-8.
  • 菅原久誠,2016,「岩神の飛石」の起源に関する岩石学的調査と分析.国指定天然記念物岩神の飛石環境整備事業報告書,60-74.
  • 菅原久誠・大工原 豊・中島啓治・中村庄八・吉川和男,2016,群馬県中西部妙義山の大黒乗越沢で発見された黒曜岩の産状および岩石記載,群馬県立自然史博物館研究報告,20,129-132.
  • 菅原久誠,2015,群馬県南牧村大日向地域に産する2種類の火山岩脈の産状(予報). 群馬県立自然史博物館研究報告,19,111-114.
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Ikehara, M., 2013. Recrystallized microbial trace fossils from metamorphosed Permian basalt, southwestern Japan. Planetary and Space Science,95,79-83.DOI: 10.1016/j.pss.2013.09.018.
  • Sakakibara, M., Sugawara, H., Tsuji, T., Ikehara, M., 2013. Filamentous microbial fossil from low-grade metamorphosed basalt in northern Chichibu belt, central Shikoku, Japan. Planetary and Space Science, 95, 84-93. DOI: 10.1016/j.pss.2013.05.008
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Belton, D., Suzuki, T., 2013. Formation process of pyrite polyframboid based on the heavy-metal analysis by micro-PIXE. Environmental Earth Sciences. 69, 811-819. DOI 10.1007/s12665-012-1966-7.
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Ikehara, M., Laird, J., 2011, Microbial trace fossils discovered from altered basaltic glass: Implications of earth-analog study for astrobiology on Mars. Proceeding of 2011 International Joint Symposium between IEGS (Korea) and NIRE, CERI (Japan), 189-194.
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Ha, N.T.H., Hikoda, M., 2010, Accumulation of trace elements in plant opal within the aquatic macrophyte Eleocharis acicularis, Proceeding of 2010 International Joint Symposium between IEGS (Korea) and NIRE, CERI (Japan), 205-212.
  • 榊原正幸・菅原久誠・Ha, N. T. H.・彦田真友子,2010,マツバイ中の植物珪酸体における重金属集積.第20回環境地質学シンポジウム論文集(The Proceedings of the Twenty Symposium on GEO-Environments and GEO-Technics),251-254.
  • 菅原久誠,2010,地球史における地下微生圏の変遷および地球表層環境への応答,平成21年度笹川科学研究助成研究終了報告書(研究番号21-613).
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Belton, D., Suzuki, T., Takehana, D., 2009, Two-dimensional mapping analysis of heavy metals in an arsenic releasing mudstone by micro-PIXE. The proceedings of the nineteenth symposium on geo-environments and geo-technics, 71-74.
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Belton, D., Suzuki, T., 2009, Heavy metal distribution in framboidal pyrite by micro-PIXE. Proceeding of 2009 International Joint Symposium between IEGS (Korea) and NIRE, CERI (Japan), 205-212.
  • Sugawara, H., Sakakibara, M., Belton, D., Suzuki, T., 2008, Quantitative micro-PIXE analysis of heavy-metal-rich framboidal pyrite. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 103, 2, 131-134.
《その他寄稿》
  • 菅原久誠・吉川和男,2017,広報しもにた8月号.世界に誇れる下仁田町のお宝.22.
  • 菅原久誠,2016,群馬県立自然史博物館 [Vol.4].生物の科学遺伝.70,430.
  • 菅原久誠,2016,火星生命探査の岩石学的アプローチ -玄武岩の中に生息した微生物の痕跡を追う-.Isotope News, 744,19-21.
  • 菅原久誠,2016,さわって理解する地層の学習 -群馬県立盲学校との連携-.視覚障害教育ブックレット,30, 20-24.
《学会発表》
  • 「世界遺産富岡製糸場の礎石の岩種および分布」,菅原久誠,文化地質研究会 第1回総会・研究発表会,京都,(2018.3.10-11)
  • 「下仁田町西牧鉱山に関する学際的研究」,菅原久誠,本多優二, 鉱山研究会,ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2017,群馬,(2018.1.13)
  • 「群馬県南西部荒船山星尾峠周辺の地質」,菅原久誠,ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2016,群馬,(2017.1.12)
  • 「群馬県立自然史博物館の教育普及プログラムを利用した下仁田ジオパークにおける学際的コンテンツの開発」,菅原久誠・ジオパーク下仁田協議会,日本地質学会第123年学術大会,東京,(2016.9.11)
  • 「妙義山で発見された群馬県初産出となる黒曜岩」,菅原久誠・大工原 豊・中島啓治・中村庄八・吉川和男,ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2015,群馬,(2016.1.16)
  • 「玄武岩に産する微生物活動の痕跡と火星生命探査への応用」(特別講演),菅原久誠・榊原正幸,第31回PIXEシンポジウム,群馬,(2015.10.29)
  • 「火星生命探索の岩石学的アプローチ ―かんらん石における微生物化石様組織の起源を探る―」,菅原久誠・榊原正幸,第3回宇宙における生命ワークショップ,東京,(2015.3.9)
  • 「国指定天然記念物「岩神の飛石」の起源を探るプロジェクト」,菅原久誠,ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2014,群馬,(2015.2.15)
  • 「上野村北西部におけるリソダイバーシティ」,菅原久誠,ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2013,群馬,(2014.2.14)
  • “Identification of microbial fossils from metabasalts based on petrographical and geochemical studies”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, Mineru Ikehara, The International Biogeoscience Conference 2013, Nagoya, (2013.11.3)
  • 「三畳紀後期の塊状玄武岩におけるかんらん石仮像中に産する地殻内微生物生体化石」,菅原久誠・榊原正幸・池原 実,第5回アストロバイオロジー・ワークショップ,東京,(2012.11.24)
  • 「三宝山付加コンプレックスの塊状玄武岩におけるかんらん石仮像中に産するフィラメント状微生物生体化石」,菅原久誠・榊原正幸・池原 実,日本地質学会第119年学術大会,大阪,(2012.9.17)
  • 「岡山県西部のペルム紀緑色岩に産する微生物変質組織の岩石学的および地球化学的研究」,菅原久誠・榊原正幸・池原 実,平成23年度高知大学海洋コア研究センター共同利用・共同研究成果発表会,高知,(2012.3.1)
  • “Microbial trace fossils discovered from altered basaltic glass: Implications of earth-analog study for astrobiology on Mars”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, Minoru Ikehara, Jamie Laird, Proceeding of 2011 International Joint Symposium between IEGS (Korea) and NIRE, CERI (Japan), Busan (Korea), (2011.11.8)
  • “Microbial trace fossils discovered from altered basaltic glass: Implications of earth-analog study for astrobiology on Mars”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, Minoru Ikehara, Jamie Laird, Proceeding of PERC Planetary Geology Field Symposium, Fukuoka (Japan), (2011.11.5)
  • 「低温変成作用を受けた緑色岩における微生物変質組織の認定基準」,菅原久誠・榊原正幸,日本地球惑星科学連合2011年大会,(2011.5.24)
  • 「低温変成作用を受けた緑色岩に産する微生物変質組織における親生物元素マッピング分析」,菅原久誠・榊原正幸・池原 実,第10回日本地質学会四国支部総会,愛媛,(2010.12.11)
  • “Accumulation of trace elements in plant opals within the aquatic macrophyte Eleocharis acicularis”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, Nguyen Thi Hoang Ha, and Mayuko Hikoda, 第10回日本地質学会四国支部総会,愛媛,(2010.12.11)
  • 「マツバイ中の植物珪酸体における重金属集積」,榊原正幸・菅原久誠・NGUYEN Thi Hoang Ha・彦田真友子,第20回環境地質学シンポジウム,東京,(2010.12.4).
  • “Accumulation of trace elements in plant opal within the aquatic macrophyte Eleocharis acicularis.” Proceeding of 2010 International Joint Symposium between IEGS (Korea) and NIRE, CERI (Japan)”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, Nguyen Thi Hoang Ha, Mayuko Hikoda, Itoman (Japan), (2010.11.1)
  • 「岡山県西部の井原緑色岩類における微生物変質作用の岩石学的および地球化学的研究」菅原久誠・榊原正幸・池原 実,日本地質学会第117年学術大会,富山,(2010.9.19)
  • 「岡山県西部井原緑色岩類に産する微生物変質組織の岩石学的および地球化学的研究」菅原久誠・榊原正幸・池原 実,日本地球惑星科学連合2010年大会,千葉,(2010.5.23)
  • 「低温変成作用を受けた中・古生代付加体中の変玄武岩類から発見された地殻内微生物化石」榊原正幸・菅原久誠,日本地球惑星科学連合2010年大会,千葉,(2010.5.23)
  • 「ペルム紀前期井原オフィオライトにおける変玄武岩中の微生物変質組織」,菅原久誠・榊原正幸・池原 実,第8回日本地質学会四国支部総会(2009.12.20)
  • “Two-dimensional mapping analysis of heavy metals in an arsenic releasing mudstone by micro-PIXE”,Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, David Belton, Tetsuya Suzuki, Daisuke Takehana,第19回環境地質学シンポジウム,東京,(2009.12.4)
  • 「岡山県西部ペルム紀前~中期変玄武岩に産する微生物変質様組織および炭素同位体比」菅原久誠・榊原正幸・池原 実,日本地質学会第116年学術大会,岡山,(2010.9.5)
  • “Heavy metal distribution in framboidal pyrite by micro-PIXE”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, David Belton, Tetsuya Suzuki, Proceeding of 2009 International Joint Symposium between IEGS (Korea) and NIRE, CERI (Japan), Houston (USA), (2009.11.3)
  • “The source of arsenic dissolution from mudstone in leaching test based on quantitative micro-PIXE analysis”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, David Belton, Tetsuya Suzuki, Daisuke Takehana, 日本地質学会大115年学術大会,秋田,(2008.9.21)
  • “HEAVY METAL DISTRIBUTION IN FRAMBOIDAL PYRITE BY MICRO-PIXE”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, David Belton, Tetsuya Suzuki, The Fourth International Conference on Environmental Science and Technology 2008, Busan (Korea), (2008.7.29)
  • 「マイクロPIXEによる砒素を溶出する泥岩の重金属濃度精密マッピング分析」,菅原久誠・榊原正幸・David Belton・鈴木哲也・竹花大介,第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会,さいたま,(2008.6.25)
  • 「マイクロPIXEによるフランボイダル黄鉄鉱の重金属精密定量分析」,菅原久誠・榊原正幸・David Belton・鈴木哲也・竹花大介,第7回日本地質学会四国支部総会・講演会,愛媛,(2007.12.15)
  • “Quantitative analysis of heavy metal-rich framboidal pyrite by micro-PIXE”, Hisanari Sugawara, Masayuki Sakakibara, David Belton, Tetsuya Suzuki, 2007, 日本鉱物科学会2007年度年会,東京,(2007.9.24)
  • 「重金属を含む岩石粉末試料のPIXEによる定量分析」,菅原久誠・大森優子・千葉悦子・榊原正幸・世良耕一郎・佐野 栄,堀 利栄,第6回日本地質学会四国支部総会・講演会,徳島,(2006.12.16)
《関わったプロジェクト》
  • 国指定天然記念物「岩神の飛石」環境整備事業における岩神の飛石の起源を探るプロジェクト
  • 史跡「宇摩向山古墳」石材基礎調査
  • 永納山城跡史跡の石材調査
  • 2010年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト「えひめ高校生サイエンスチャレンジ」
  • 2009年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト 理数系教員指導力向上研修「「自然から学ぶ高校地学教育のあり方 -第三紀の瀬戸内火山岩類-」
  • 重金属で汚染された廃止鉱山残土堆積場付近におけるカヤツリグサ科ハリイ属マツバイの水耕栽培実験
  • 2007年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト 理数系教員指導力向上研修「自然から学ぶ高校地学教育のあり方」
《所属している学会》
  • 日本地質学会,日本鉱物科学会,社会地質学会,極限環境生物学会,日本火山学会, アストロバイオロジーネットワーク, 文化地質研究会
《館外委員会等への貢献》
  • 国指定天然記念物「岩神の飛石」環境整備事業委員会
  • 下仁田ジオパーク学術部会
  • 群馬県自然環境調査研究会

趣味・その他

趣味:音楽鑑賞、読書、写真、キャンプ、焚き火、料理

言葉:“Somewhere, something incredible is waiting to be known.” – カール・セーガン

Eメールアドレス


注意

  • ウイルス防衛の観点から、タイトル未記入のメール、匿名のメール、ハンドルネーム利用のメールは、
    返信せずに削除させていただきます。ご理解とご協力をお願いします。