組織と職員の紹介

生物研究係

生物研究係

主幹(学芸員)

姉崎 智子
Tomoko Anezaki

専門

動物学(陸生哺乳類)、野生動物保護管理

最近の業績等

《論文・報告書・著書など》
  • 姉崎智子(2022)群馬県ツキノワグマの年齢的特徴.群馬県立自然史博物館研究報告(26):161-166.
  • 姉崎智子(2022)群馬県カモシカ個体群の年齢組成と妊娠率について.群馬県立自然史博物館研究報告(26):165-170.
  • 姉崎智子(2022)ぐんまの自然の「いま」を伝える」13年の歩みの成果と課題.群馬県立自然史博物館研究報告(26):203-212.
  • 清水伸彦、姉崎智子(2022)チュウジシギGallinago megalaの群馬県における確実な記録.群馬県立自然史博物館研究報告(26):171-174.
  • Amaike, H., Sasaki, M., Tsuzuki, N., Kayano, M., Oishi, M., Yamada, K., Endo, H., Anezaki, T., Matsumoto, N., Nakashita, R., Kuroe, M., Taru, H., Bando, G., Iketani, Y., Nakamura, R., Sato, N., Fukui, D., Kitamura, N.(2021)Mobility of the forearm skeleton in the Asiatic black (Ursus thibetanus), brown (U. arctos) and polar (U. maritimus) bears. Journal of Beterinary Medical Science, 83(8):1284-1489.
  • Ito, T., Hayakawa, T., Suzuki-Hashido, N., Hamada, Y., Kurihara, Y., Hanya, G., Kaneko, A., Natsume, T., Aisu, S., Honda, T., Yachimori, S., Anezaki, T., Omi, T., Hayama, S., Tanaka, M., Wakamori, M., Imai, H., Kawamoto, Y. (2021) Phylogeographic history of Japanese macaques. Journal of Biogeography, 48(6): 1420-1431.
  • Hata, A., Nakashita, R., Anezaki, T., Minami, M., Fukue, Y., Higuchi, N., Uno, H., Nakajima, Y., Saeki, M., Kozakai, C., Takada, M. (2021) Agricultural crop consumption induces precocious maturity in deer by improving physical and reproductive performance. ECOSPHERE, 12(4): 1-13.
  • 「かなことめぐる自然散歩」メイツ出版

担当業務

  • 動物(哺乳類・鳥類)
  • 環境省鳥獣保護管理調査コーディネーター
  • 全国鳥類繁殖分布調査
  • 群馬県自然環境基礎調査・生物多様性モニタリング(全県)
  • 自然史調査研究・みなかみ町
  • 常設展示「博物学者の部屋」管理・更新
  • 企画展「極地」、「隠花植物」準備

趣味・その他

趣味:調理、読書、紐編み